トップ > さくらんぼ百科

さくらんぼの歴史

原産地は西南アジア地方

さくらんぼの原産地は西南アジア地方。もともとは野生に育っていたのを人や鳥などが食べていたのが、その後広まったとされています。最初にさくらんぼが日本に入ってきたのは江戸時代初期のころでしたが、気候に合わずうまく育たなかったといいます。  現在のさくらんぼのもとである甘果桜桃が日本に伝わったのは1872年から1875年のこと。アメリカやフランスから輸入されたものです。それらの苗木が育てるのに適地であった北海道や東北に配布され、その後、日本独自の品種改良が進められていきました。 山形でのさくらんぼのルーツは、明治8年(1875年)に洋なしやりんご、ぶどうなどの苗木とともに3本のさくらんぼの苗木が入ってきたことです。その後、明治9年(1876年)には、初代の山形県令三島通庸(みしまみちつね)が、北海道からりんご・ぶどう・さくらんぼの苗木をとり寄せ、明治11年(1878年)には試験場をつくり育てるようになりました。 山形の気候風土はさくらんぼの栽培に最適であったようです。明治28年(1895年)頃には品種も増え、生産量も徐々に増えていったのでした。

さくらんぼの種類

現在、日本では約30種類の品種のさくらんぼが栽培されており、そのほとんどが甘果桜桃(かんかおうとう)といわれる種類です。山形で出回っているさくらんぼとして有名な佐藤錦や紅さやか、紅秀峰などもこの甘果桜桃の品種の一つです。 さくらんぼにはもう一種、酸果桜桃(さんかおうとう)という種類もありますが、一般に酸味が強く生食に適さないため、缶詰などの加工用に用いられています。 さくらんぼは、基本的に同じ品種だけでは実がならないものであるため、受粉用に他品種のさくらんぼの木を一緒に植えて栽培します。人工的に交配させた品種のほか、偶然にできた交配種もあります。

世界一のさくらんぼ、佐藤錦の開発物語

逆境を乗り越え,さくらんぼ品種改良に成功! 資産家の長男として育った栄助が、果樹農家に転身したのは40歳のとき。株に失敗し、財産を失ったのがきっかけだという。だが栄助はへこたれなかった。もともと果樹栽培が好きだったという栄助、むしろこれを機に当時出荷が難しいとして栽培を敬遠されていたさくらんぼの品種改良に取り組んだのである。ひたむきな努力はやがて実を結び、数年後には甘くて出荷しやすい新しい品種が誕生した。栄助にちなんで「佐藤錦」と命名されたその新しい品種は、いまやさくらんぼのトップブランドとしてゆるぎない地位を占めている。 【佐藤栄助(一八六七〜一九五〇)】 東根市出身。さくらんぼの人気ブランド「佐藤錦」の生みの親。